シティバンク銀行住宅ローン

住宅を購入するなら、住宅ローン選びは重要です!

 

では、

 

■シティバンク銀行住宅ローンとはどんなローンなのでしょうか?

 

住宅ローンの中では珍しく、最大2億円までの融資が受けられる! 


 

死亡時だけでなく、障害を持ったり疾病を患ったりした時でも保険金で支払えるようにできる!


 

保証l料、保証事務手数料がかからない!


 

団体信用生命保険の保険料がかからない!


 

繰り上げ返済が一部無料で行える!


 

                               以上のような特徴があります。

 

 

これらの特徴を見て、

 

シティバンク銀行住宅ローンについて少しでも興味が出たという方は、

ここから先、詳しく解説していますので、ぜひご覧ください!

 

 

 

最初に、シティバンク銀行住宅ローンの特徴・メリットなどをみていきましょう!

このサイトでは、

 

シティバンク銀行の住宅ローンについて、特徴やメリット・デメリットなどをお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

 

シティバンク銀行は、米国シティグループ傘下でシティバンク、エヌ・エイの日本法人として新たに設立されています。

 

シティバンクは1812年に設立されたシティバンク・オブ・ニューヨークからスタートしており、19世紀の後半にはアメリカ最大の銀行に成長しています。

 

シティバンクは、1970年代に人員削減や24時間営業を可能にするため、世界に先駆けてATMを採用するなど、先進的な取り組みも行なっている銀行です。

 

 

1902年には日本進出を果たし、横浜に支店を開設しました。

 

その後、2007年に現在のシティバンク銀行が設立されて、現在に至っています。

 

余談になりますが、日本法人として設立する際、銀行法では商号の中に「銀行」という文字を入れないといけないと規定されているため、バンクと銀行という重複した言葉があえて使われています。

 

 

シティバンク銀行の住宅ローンの対象エリアは、北海道・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県・岐阜県・愛知県・三重県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・福岡県・静岡県(熱海市・伊東市)となっています。

 

これらの対象エリアは概ね各支店・出張所より公共交通機関を利用して1時間圏内を目安として設定されています。

 

シティバンク銀行の住宅ローンの主な特徴は、下記の4点です。

最大2億円まで借り入れることが可能です。
例えばフラット35では最大8000万円、民間金融機関の一般的な住宅では最大1億円というところが多い中、シティバンク銀行ではより大型の借り入れが可能です。


 

保証料・保証事務手数料は一切不要です。
保証料は、住宅ローン締結時の諸費用の大部分を占めるケースも多く、保証料が無料であれば、諸費用を大きく削減することができます


 

電話なら、月3回まで期間短縮型の一部繰り上げ返済の手数料は無料です。
繰り上げ返済をこまめに行うことにより、住宅ローンの総支払額を効果的に抑えることができます。


 

団体信用生命保険(障害特約付)の保険料は、シティバンク銀行が負担します。
一般的な団体信用生命保険に加えて、ローン債務者が障害や疾病など、ローンの返済が困難になった場合にも、保険金がシティバンク銀行に支払われ、ローンのご返済に充当される、団信専用の特約です。


シティバンク銀行の住宅ローンはどんな人に向いてるのか?

こちらでは、

 

シティバンク銀行の住宅ローンには、どのようなメリットがあり、どのような人に向いているのか考えてみましょう。

 

 

【最大2億円の巨額な融資】

 

シティバンク銀行が提供する住宅ローンの一番の特徴は、融資金額の上限が2億円だということです。

 

フラット35の上限が8000万円、一般的な民間金融機関の住宅ローンの上限が1億円程度ですから、シティバンク銀行の住宅ローンの上限額は際立っています。

 

従って、1億円を超える巨額な住宅ローンを組みたいと考える人に、シティバンク銀行はお勧めです。

 

なお、1億円を超える住宅ローンを組んだ場合、基準金利からの金利優遇幅が0.2%広がります。

 

2012年12月現在では、完済までの全期間1.91%の金利優遇を受けることができ、当初金利は0.88%とネット銀行なみの低金利で住宅ローンを組むことができます。

 

 

【低金利】

 

融資金額が1億円を超えなくても、5000万円を超えた場合には金利優遇幅が0.1%広がります。

 

2012年12月現在では、完済までの全期間1.81%の金利優遇を受けることができ、当初金利は0.98%となります。

 

融資金額が5000万円未満の場合でも、金利優遇幅1.71%、当初金利1.08%と一般的な金融機関に比べて低金利の住宅ローンだといえます。

 

但し、シティバンク銀行の住宅ローンでは全期間固定金利という金利タイプがないこと、固定金利型の金利優遇幅が当初固定期間の終了以降は縮小されてしまうことなどから、変動金利型を選択することが望ましいといえます。

 

従って、変動金利型で比較的低金利な住宅ローンを組みたい人にお勧めです。

 

 

【諸費用の安さ】

 

シティバンク銀行の住宅ローンでは、保証会社による保障を受けません。

 

従って、一般的な金融機関の場合には支払わなければならない保証金を支払う必要はありません

 

一般に、住宅ローン締結時に支払う諸費用の多くを保証料が占めますので、シティバンク銀行の住宅ローンでは、諸費用をかなり安く抑えることができます。

 

諸費用を安く抑えて、頭金により多くの資金を回したい、などの資金計画を立てている人にお勧めです。

 

 

【傷害特約付き団体信用生命保険】

 

住宅ローンを組む際に、団体信用生命保険に加入することは、シティバンク銀行によらず一般的ですが、シティバンク銀行の住宅ローンでは、傷害特約付きの団体信用生命保険に加入することになります。

 

死亡時や高度障害時に加えて、障害や疾病などになった場合にも、保険金が支払われます。

 

しかも、特約分の保険料もシティバンク銀行が支払います。

 

手厚い保障で、住宅ローンの返済破綻リスクを軽減したいと考える人にお勧めです

 

 

 

 

1億円以上する住宅を購入しようとお考えの方。


 

変動金利タイプの住宅ローンで、金利が低いものを探している方。


 

諸費用をなるべく抑えつつ、その分を頭金に使いたいという方。


 

死亡した時だけでなく、障害を持ったり疾病を患った時に対しても、十分な保障が付いているローンを組みたいという方。



シティバンク住宅ローン借り換えの注意点とは?

今の借りているローンの金利よりも低い金利にするために行うシティバンク住宅ローン借り換えですが、行う際にはいくつか注意点があります。

全ての人に当てはまるのが借り換えを行うメリット・デメリットをしっかりと把握することです。

例えば、月々の返済額を抑えられることなどがメリットして挙げられますが基本的に金利が低くなっているのは変動型なので申し込み時に必要な登記などの諸費用を再度支払う必要が出てきます。

こういった金利以外の面も含めて総合的に考えるべきです。

他にも借り換えを行うのを決定した場合には、借り換え先は保証料がかからないローンなのか、繰上げ返済が簡単かなどの基準から自分に合ったローン選びをする必要があります。

ここ数年、ネット銀行などでは非常に低い住宅ローン金利を設定している場合があり、シティバンク住宅ローン借り換えを勧められる人も多いのではないでしょうか。

その際、夫婦でローンを組んでいるケースでは相続税に注意が必要です。

どんな場合にこんな状況が起きるかというと最初にローンを組んだ時に不動産の持分を夫婦共有持分としていたのが実際は夫が全額返済している場合に借り換え時に単独名義になってしまうことがあります。

こういった場合の単独債務での借り換えには金利以外の税負担が発生する可能性があるため、税理士や金融機関に相談してください。

場合によっては、借り換えを行なって受けられるメリットと贈与税の負担を比べて借り換えをしないほうがいい場合もあります。

参考:住宅ローン借り換えランキング!一番お得な銀行は?【金利比較】

住宅ローンを固定金利のフラット35で組んだ方の多くは金利固定だから完済まで放置してもいいという認識を持っているようです。

実は借り換え融資ができるようになっているのでシティバンク住宅ローン借り換えをフラット35同士で行うとお得な場面が多くなっているんです。

得するには基本的に金利差が0.3%以上あると良いようです。

よく借り換えでオススメされているのが固定金利から低金利な変動金利に換えるというケースです。

金利が1%から2%低く設定されていることが多いのでお得に見えますが、借り換えメリットと同時に金利上昇リスクも出てきます。

しかしこの場合では、金利変動リスクはありません。

皆さんはシティバンク住宅ローンを契約する際に頭金を支払いましたか?中には頭金を払わずに組む人もいるかもしれませんがその場合、毎月の返済額が高くなります。

そういったときに返済額を減らそうと住宅ローン借り換えを検討すると思います。

多くの人が「1度ローンを組めたから借り換えも大丈夫」と考えている人もたまにいますが場合によっては審査に落ちることもあります。

一例として、転職をして年収や職場が変わった場合や物件の担保評価額が中古扱いになり価値が下が流ので予定していた金額で借入れできないことや年収に対してローン返済額が増えているということで引っかかるようです。

年収や職場が大きく変わっていなくてもこういった面で引っかかることがあります。

夢のマイホームを購入する際には多くの人がシティバンク住宅ローンを利用します。

でも、毎月の返済が多くて困っている方もいるのではないでしょうか。

そんな時に検討するのがシティバンク住宅ローン借り換えを行うことです。

ただ、借り換えメリットを享受するためには当然、今借りているローンよりも金利が低くならなければいけません。

検討する際のメリットの計算方法に関しては各銀行でシミュレーションを用意しているので参考にしてください。

ただ、その際の注意点として、シミュレーションを使って20万円くらい利息が減ったから借り換えようと思うと登記などの経費計算を忘れていて結果的にあまり得にならなかったということもあります。

シティバンク住宅ローンを探す際に重要なことがあります。

ひとつは、繰り上げ返済が簡単で無料なことです。

その理由としては繰上げ返済を行えば行うほど元本も利息も減っていきます。

結果として総支払額が少なくなったり、支払期間が短縮されます。

そのため、手続きをネットで簡単に行えることや繰上げ返済額が一円以上なのか1万円以上からなのかを確認して選びましょう。

最も気をつけたいのが、繰上げ返済のしすぎで家計が苦しくなったら本末転倒なので余裕を持って行うようにしましょう。

住宅ローン借り換えを行うときもこの部分のチェックは大切です。

シティバンク住宅ローン借り換えに通ると様々な手続きが必要です。

一例としては、抵当権設定・抹消登記などです。

登記手続きなどの実務自体は司法書士が行いますが司法書士を選択する権利が申込者側にあるので金融機関次第では自分で選べるローンもあります。

借り換えを行う方は司法書士の知り合いがいないのが大半だと思うので金融機関側が指定する司法書士が行うことも多いです。

司法書士を選べるかどうかは金融機関ごとに変わるので確認してください。

他にもローン審査を行うにあたり用意する書類も多いので借り換えメリットと比べて行わないという決断もありです。

今のローンよりも金利の低いローンを組むシティバンク住宅ローン借り換えですが、手続きに際して必要なものが多いです。

その際、必要な書類は大きく分けて3種類に分類されます。

1つ目は現在の返済中の通帳の写しなどの自宅で保管しているもの、2つ目は役所や勤務先で取得できる印鑑証明書などの書類、3つ目は不動産業者や法務局で取得できる書類になります。

勤務先などで取得する書類は比較的見慣れているのでどんなものかイメージしやすいですが登記簿謄本や売買契約書などは普段見慣れないのではないでしょうか。

ここに挙げたのは主な分類なので実際に借りる金融機関によっては他の書類が必要になることもあるのでよく確認しましょう。

毎月のローンの支払額を抑えようと思い、シティバンク住宅ローン借り換えを考えることがあります。

では、その場合、今加入している火災保険はどうしたら良いのでしょうか。

もし今、借り入れているのが旧公庫ローンの場合は借り換えても特約火災保険を継続できます。

また、旧公庫ローンから民間ローンへ借り換えを行う時は別の保険を契約することもできます。

もし、継続するのなら保険金の見直しを行いましょう。

その理由としては、火災保険は契約後に保険金額が適切な金額で設定されている必要があるからです。

内容を見直すのもいいのではないでしょうか。

様々なローンを検討する際、必ず確認するのが金利です。

その際、特に悩むのが金利が固定か変動かではないでしょうか。

金利だけを気にすると変動の方が低く設定されていることが多いですが変動というふうに記載されているように金利が定期的に変わるので社会情勢によっては、固定金利よりも高くなってしまい、支払額が不安定になってしまい計画が立てにくい面もあります。

シティバンク住宅ローン借り換えを行う場合は基本的に変動を選ぶことになると思います。

固定の場合では、ローン期間中ずっと同じ支払額になるので返済計画を立てやすい、急な金利上昇が起きても心配ないという長所もあります。

他にその中間とも言える1年間などの期間が借りられた固定制というものもあります。